コンセプト

毛染めのこだわり

毛染めのこだわり

20141120201248.jpg

当店では出来るだけ髪を傷めたくないと考え、毛染めは原則グレーシェードとさせて頂いております。

明るい白髪染めは、イチゴカラー等で対応させて頂いております。
また、肌の弱い方や比較的短期間にお染めになるお客様には、ご希望を伺って櫛による毛染め剤の塗布をお勧めさせていただくことがあります。

櫛で塗布しますと根元に薬がたまらないので肌への刺激を減らすことが出来、また毛根への影響も少ないと言われています。
ただ若干根元の染まり具合が甘いと感じられる方もいらっしゃいます。

一般的なアルカリ・酸性カラー

現在一番ポピュラーな染毛剤です。
酸性カラーはアルカリカラーに比べて毛髪が膨潤しにくいので傷みが少ないと言われています。

 イチゴカラー

アルカリカラーに属するカラーで、数年前から徐々に広がってきているカラー剤です。
従来のアルカリカラーに比べて肌に対する刺激が少なく、明るめに染まり毛髪のダメージも少ないカラーです。

ヘナの説明

インドなどの丘陵に育つ常緑低木で、葉等を乾燥させ粉にしたものを水などで溶いて顔・手足などのペイントや染毛・トリートメントなどに使用されます。化学的な染毛剤に比べて、ツヤ・ハリ・ボリュームが出やすいという特徴があります。

2剤(オキシフル)を使用しないので染毛後も髪の感触はほとんど変わりませんが、染めた直後は髪質によってはややごわついた感じが出ることが有りますがこの症状はシャンプーで改善されます。

ヘナは植物なので安心といわれることが有りますが、ヘナだけでは髪がオレンジ色に染まってしまうので化学的なものを加えた物(ケミカルヘナ)も多くあり、また体質・髪質などもありますので安心であると一概には言えません。

ケミカルヘナ

ヘナに化学的なものを加えた染毛剤です。黒い髪を明るくする事は出来ませんが、白髪を明るめに染める事は出来ます。

2液を使用しないので髪の感触はほとんど変えずに染めることが出来、化学的な染毛剤に比べて、艶・ハリ・ボリュームが出やすいという特徴があります。

ヘナ&インディゴ

(化学的なものを使用しない毛染め)

ヘナで染めてオレンジになった後、すぐにインディゴで染める(2度染める)ことで自然な色に白髪を染めます。化学的なものを使用しない染め方で、当店では頭髪用化粧品の認可を取ったヘナとインディゴを使用しております。
染めた直後、白髪はややグリーンっぽい茶色に染まり2日ぐらいで本来の色になります。

髪への優しさにこだわった毛染めの戸塚ダックです

戸塚にあるダックでは、髪への優しさにこだわった毛染めをご提案しております。化学成分が強力な一般的なアルカリカラーによるダメージを避けるため、弱アルカリ性や酸性カラー、天然成分が配合されたヘナを用いております。
お洒落染めはもちろん、気になる白髪の染めは比較的頻繁に行われるため、髪へのダメージが強い薬剤で行うと、髪の傷みやパサつき度合いを深め、抜け毛や切れ毛になりやすくなります。美容室ダックでは美髪のプロとして、薬剤によるダメージを極力避けたいと考えております。
美容室ダックでは、アルカリ性に酸性を掛け合わせたグレーシェードを基本に、イチゴカラーやケミカルヘナを用いることで、髪へのダメージを緩和し、艶やかな髪へと導きます。
loading