コンセプト

パーマのこだわり

パーマのこだわり

/duckbiyousitsu_assets/20141117193023.jpg

当サロンでは、 チオ系のパーマ・システアミン・GMT 等の薬剤を取り揃えています。

「ここ数年、毛髪の研究が進み今までとは違う考え方の数種類のパーマ液が出てきました。
それらの薬液を髪質に合わせて使い分ける事で、 今までの薬剤では難しかった 傷んだ髪にしっかりしたパーマかけたり、 カールをだす事が 出来るようになってきました。」

チオ系のパーマ

一般的にパーマ液といえばこの薬剤の事を指すぐらいポピュラーな薬液で、 コールドパーマといわれるパーマの主役です。

システアミンのパーマ

傷んだ髪にしっかりとしたパーマをかけることが出来る薬液です。 パーマが髪を傷める原因の1つとして、 チオ系のパーマの多くはアルカリ領域で 働くという事がありますが、
システアミンはチオよりも低pH(pH8~9)でも働きますので ダメージ毛にも適しています。

欠点としては独特の匂いとがあることです。
最近はかなり匂いがなくなってきていて、 またその匂いを気になさらない方もいらっしゃいますが、 好き嫌いがはっきりしやすい匂いだと思います。

また、チオ系のパーマに比べてアレルギー性のかぶれを起こす確率が 若干多いとも言われています。 当店でかぶれた方はいらっしゃいません。

GMTのパーマ

これも傷んだ髪にしっかりとした パーマをかけることが出来る薬液で、 システアミンとの違いは 酸性領域でパーマをかけることができるという事です。

独特な匂いもなく、アレルギー性のかぶれを起こす確率もチオ系のパーマと同程度、 酸性なのでむしろ低いとも言われています。

髪を傷めるパーマから卒業したい方のための戸塚のダックです

戸塚にあるダックでは、髪への負担軽減と優しさをコンセプトに施術を致しております。見た目はお洒落でまとまりやすさがメリットでも、髪を傷めることの代名詞でもあったパーマにおいても、ダメージ軽減をモットーとしております。
近年はパーマ液も進化しており、美容室ダックにおいても最新の薬剤と技術を取り入れております。その1つにシルクパーマと呼ばれるものがございます。シルクパーマなら、傷んだ髪でも負担を抑えてかけることができ、柔らかなボリュームと女性らしいウェーブに仕上げることが可能です。
美容室ダックではアレルギー反応が起きにくいパーマ液などもご用意しておりますので、お洒落を楽しみたいけれどお肌が痒くなった経験がある方も、お気軽にご相談ください。
loading