コンセプト

美容室ダックの美しい髪へのこだわり

縮毛矯正のこだわり  パーマのこだわり  毛染めのこだわり

縮毛矯正のこだわり

縮毛矯正のこだわり

縮毛矯正02

癖毛はドライ&ウェットの状態で髪の形状が変化します。 その両方の形状をそれぞれに矯正するオリジナル技法です。 酸性の薬剤&オリジナル技術で髪をやさしくストレートにします。

矯正は繰り返すとだんだんダメージが酷くなる…という話を聞いたことが有ります。
一般的に使用されている矯正剤はアルカリ剤の力を必要とするもので、アルカリのダメージはトリートメントで防ぐことが出来ないため徐々に蓄積する事が原因と考えられます。
当サロンで使用するのは健康な髪の毛のHPに近い酸性の矯正剤です。
アルカリ剤は含まれていない髪にやさしい薬剤&オリジナル技術で髪のダメージを防ぎます。

酸性の矯正剤の良い点

健康な髪の毛に近いPHの酸性の矯正剤で、髪のダメージを防ぎます。

特徴としまして

*酸性の矯正剤なのでアルカリ剤を使用する従来の矯正剤に比べて、ダメージ    は、ほとんどありません。

*髪にやさしい薬なので、健康毛~傷んだ髪までOKです。

*髪にやさしい薬なので、従来の矯正技法では難しかった髪の状態による薬液
   の塗り分けをする必要がありません

*髪にやさしい薬なので、繰り返し矯正を続けてもビビリ毛等になりません。

   毛髪の条件によっては、酸性以外の薬液を使用する場合もあります。

   PM6:00まで受付時間外はお気軽にお電話下さい。

御予約の方優先で営業しておりますが、1人での営業ですので時間に多少のずれが出る場合がありますのでご了承ください。

 

当店が大切にしている事

カウンセリング

今までの髪の履歴・これまで矯正で感じた事等を伺って、お客様のご希望に沿った施術を行います。シャンプーは、頭皮・毛髪の状態を見てご相談の上で判断させて頂きます。シャンプー料金は矯正料金に含みます。分からない事や、不安な事等ございましたら、お気軽にお話し下さい。

ビビリ毛の補修について

縮毛矯正03

一度ビビった髪が復元する事はありませんが、膨らみを抑えたり&感触を良くしたりすることで、手入れのしやすい状態にすることは可能です。当店では髪に最適な薬液と、独自の技法で修正します。

※下記のような場合は、施術できない事もあります。
・根元付近の毛髪が、触ると切れそうなビビリ毛の場合。
・濡らすととろろ昆布のようになり、ドライヤーを使用しても乾かすのにとても時間がかかる髪の場合。

 

[free id="130"]

パーマのこだわり

パーマのこだわり

/duckbiyousitsu_assets/20141117193023.jpg

当サロンでは、 チオ系のパーマ・システアミン・GMT 等の薬剤を取り揃えています。

「ここ数年、毛髪の研究が進み今までとは違う考え方の数種類のパーマ液が出てきました。
それらの薬液を髪質に合わせて使い分ける事で、 今までの薬剤では難しかった 傷んだ髪にしっかりしたパーマかけたり、 カールをだす事が 出来るようになってきました。」

チオ系のパーマ

一般的にパーマ液といえばこの薬剤の事を指すぐらいポピュラーな薬液で、 コールドパーマといわれるパーマの主役です。

システアミンのパーマ

傷んだ髪にしっかりとしたパーマをかけることが出来る薬液です。 パーマが髪を傷める原因の1つとして、 チオ系のパーマの多くはアルカリ領域で 働くという事がありますが、
システアミンはチオよりも低pH(pH8~9)でも働きますので ダメージ毛にも適しています。

欠点としては独特の匂いとがあることです。
最近はかなり匂いがなくなってきていて、 またその匂いを気になさらない方もいらっしゃいますが、 好き嫌いがはっきりしやすい匂いだと思います。

また、チオ系のパーマに比べてアレルギー性のかぶれを起こす確率が 若干多いとも言われています。 当店でかぶれた方はいらっしゃいません。

GMTのパーマ

これも傷んだ髪にしっかりとした パーマをかけることが出来る薬液で、 システアミンとの違いは 酸性領域でパーマをかけることができるという事です。

独特な匂いもなく、アレルギー性のかぶれを起こす確率もチオ系のパーマと同程度、 酸性なのでむしろ低いとも言われています。

[free id="129"]

毛染めのこだわり

毛染めのこだわり

20141120201248.jpg

当店では出来るだけ髪を傷めたくないと考え、毛染めは原則グレーシェードとさせて頂いております。

明るい白髪染めは、イチゴカラー等で対応させて頂いております。
また、肌の弱い方や比較的短期間にお染めになるお客様には、ご希望を伺って櫛による毛染め剤の塗布をお勧めさせていただくことがあります。

櫛で塗布しますと根元に薬がたまらないので肌への刺激を減らすことが出来、また毛根への影響も少ないと言われています。
ただ若干根元の染まり具合が甘いと感じられる方もいらっしゃいます。

一般的なアルカリ・酸性カラー

現在一番ポピュラーな染毛剤です。
酸性カラーはアルカリカラーに比べて毛髪が膨潤しにくいので傷みが少ないと言われています。

 イチゴカラー

アルカリカラーに属するカラーで、数年前から徐々に広がってきているカラー剤です。
従来のアルカリカラーに比べて肌に対する刺激が少なく、明るめに染まり毛髪のダメージも少ないカラーです。

ヘナの説明

インドなどの丘陵に育つ常緑低木で、葉等を乾燥させ粉にしたものを水などで溶いて顔・手足などのペイントや染毛・トリートメントなどに使用されます。化学的な染毛剤に比べて、ツヤ・ハリ・ボリュームが出やすいという特徴があります。

2剤(オキシフル)を使用しないので染毛後も髪の感触はほとんど変わりませんが、染めた直後は髪質によってはややごわついた感じが出ることが有りますがこの症状はシャンプーで改善されます。

ヘナは植物なので安心といわれることが有りますが、ヘナだけでは髪がオレンジ色に染まってしまうので化学的なものを加えた物(ケミカルヘナ)も多くあり、また体質・髪質などもありますので安心であると一概には言えません。

ケミカルヘナ

ヘナに化学的なものを加えた染毛剤です。黒い髪を明るくする事は出来ませんが、白髪を明るめに染める事は出来ます。

2液を使用しないので髪の感触はほとんど変えずに染めることが出来、化学的な染毛剤に比べて、艶・ハリ・ボリュームが出やすいという特徴があります。

ヘナ&インディゴ

(化学的なものを使用しない毛染め)

ヘナで染めてオレンジになった後、すぐにインディゴで染める(2度染める)ことで自然な色に白髪を染めます。化学的なものを使用しない染め方で、当店では頭髪用化粧品の認可を取ったヘナとインディゴを使用しております。
染めた直後、白髪はややグリーンっぽい茶色に染まり2日ぐらいで本来の色になります。

[free id="128"]

髪への優しさと健やかさにこだわる戸塚ダックです

どんなにお洒落なヘアスタイルに仕上げても、髪が傷んでいては美しさを実現することはできません。戸塚にあるダックでは髪の健康こそ一番と考え、髪へのダメージを可能な限り防ぐ施術にこだわっております。 パーマや縮毛矯正など強力な薬剤の使用が不可欠で、通常なら髪へのダメージは必至となるメニューでも、美容室ダックでは薬剤を厳選して髪に優しい酸性の薬剤を用いるなど配慮を重ねております。ヘアカラーについても酸性や天然成分を用いることで、髪へのダメージを抑えながら艶やかな髪へと仕上げます。 髪のダメージを抑え健やかで美しい髪に導くためにも、美容室ダックでは施術前のカウンセリングを重視しております。髪のお悩みや傷み具合を確認し、健やかな髪への回復を目指していきます。
loading